本気でソープを楽しむなら格安は避ける

現在、日本には1300軒ほどのソープランドが営業をしていますが、そのうちの高級店は約1割程度です。ソープランドの大半は格安店や大衆店であり、ソープランドを支える重要な価格帯と言っても過言ではありません。

しかし、格安店や大衆店というのは、ソープを楽しむ意味ではあまり良い選択肢とは言い切れません。ソープの醍醐味というのは、やはりマットプレイに始まる様々なプレイが楽しめるということ。格安店や大衆店では時間設定が短く、それらのプレイを十分楽しむことが出来ないというのがその理由です。

高級店などでは短くても100分などですから、余裕を持ってプレイを楽しめます。それこそ性的なサービスだけではなく、様々な知識や話題を持っている女性とコミュニケーションが楽しめるというのもソープの魅力の一つですから、そういったものを楽しむにはある程度の時間が必要となるものです。

他にも、格安・大衆ソープの女性というのは、接客する人数が多いために疲労があったりして、低価格であるから仕方ないとはいえどもサービスに手抜きが増える傾向にあります。それでも良いという方にとっては価格的にも魅力でしょうが、手抜きされて不快に思う人にはこのランクの店の利用は控えるべきでしょう。